読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はおばんの日記

ベトナム生活日記

海外不動産について

めちゃ炎上することを書きます。
すぐ削除?するかもしれません。

僕は不動産について別に詳しくありませんし、
今後どうなるかなんて、まったくわかりません・・・が、
「ほとんどの」人が思いつくことなら知っています。

例えば、、、
日本や台湾でこれから不動産バブルが起きる・・・
と思っている人は誰もいないように。
まあ、一時的な値上がりはあるけど、だんだんと安くなるだろう、、、
とは誰もが考えつくことです。

で、日本以外のアジア人はそれでも、
不動産信仰が根強く、不動産には「価値がある」と考えています。
特に台湾人は、不動産での損得が激しかったせいで、
ほとんどの人が不動産は「財産」と考えています。
一方、日本人は自分の住みかととらえて
建物自体には資産価値がない、と考えている。
まあ、都内の中心部の土地なら価値はあるけれども・・・。

もちろん、場所や時代、目的によって状況は大きく変わるので、
何が正しいとは言いきれない。

でも、アジア人?の特に女性??に多いのが、、、

「経済的なこと」に関して、損得を考えられず、
目先のことにとらわれる人が多いということ。
時代錯誤な人が多いこと、多いこと。

台湾では、10年前なら500万元で買ったマンションは、今1000万元ぐらいで売れる
から、これは確かに資産価値は「10年前には」「あった」と考えられます。
では、今1000万元で買って、さらに10年後の価値はいくらになるか?
900万元?800万元??
築30年ぐらいのマンションでも、経済成長中なら、ありえそうですね!
まあ、台湾の景気がこれから急によくなる可能性も1%くらいあるかもしれません。
あ、そうそう、マンションの売り買いに関する税金や仲介手数料、ローンの利率、
台湾では少ないと言っても、ゼロではありませんから!
家賃を払うと年間20万元くらい?
さて、どちらがいいのでしょうねえ?

もちろん、自分のマンションが欲しい、という意見はあります。
単に感情的にでしょうか?
ある程度裕福な家庭で、新築を買って自分のものにするならまだしも、、、
損するとわかって、中古マンション購入する意味を教えてください、まじで。